レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。

 

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。
レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。 「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。



レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:2021-02-04

「それじゃあ、身体に気をつけて。風邪ひかないように。」

いつものようにそう電話を切った二時間後、
まさかお母さんが天国へ旅立ってしまうなど、誰が想像できたしょうか。

まさに一瞬の出来事でした。
さよならも言わず、
恐らく夕飯にしようとしたのであろう味噌汁も作りかけで、
何を思って天国へ引っ越してしまったのでしょうか。

遺された父と、まだ学生だったおいらとおとうとは、
ただ泣き崩れることしか出来ませんでした。

大学入学と同時に父母元から離れ、
好き勝手をやって不摂生な生活が続いていたおいらに、
いつも畑の野菜を段ボールいっぱいに送ってくれたお母さん。

一人暮らしだからこんなに食べられないよ…と言っても、
「無農薬だから安心よ」と
返事になっているのか分からない受け答えをしてさ…

そして毎度決まって、
身体を気遣って電話を切るのでした。

もはや挨拶のような感覚だったその一言が、
おいらの耳に残る最期のお母さんの声になってしまいました。

享年48。
持病も無く、まさに健康そのものであったので、
お母さんとの別れなど想像したこともありませんでした。

いかなる時も生と死は常に隣り合わせであること、
生きることは奇跡であること、
そしてそれ自体がかけがえのない価値をもつことを、
お母さんの最期に教わりました。

あれから5年、
おいらも一児のお母さんになりました。

子供って本当に可愛い。
子供が産まれてから、慈しむという感情を知りました。

そんな子供も生後7ヵ月になり、
ハイハイが始まったので目が離せません。
育児って本当に休みがないですね。

寝不足が続いて辛いけれど、
毎食のごはんだけはしっかり食べるようにしていますよ。

ホーム サイトマップ