レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシックを受けることの出来ない目の状況


レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。
レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。 「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。




レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:2021-01-21

本日、ボクが住んでいる神戸は晴れです。

晴れの日もあれば、晴れの日もあり、晴れの日もあります。
当たり前のことですよね。

人間の「心」もこのように
晴れの日もあれば晴れの日もあります。

やる気いっぱいに
「シェイプアップするぞー!」
「痩せてキレイになるわ!」
…などと、やる気満々の時には、
張りきっていろいろな方法にチャレンジしたり、
元気いっぱいにシェイプアップを続けます。

しかし、いい時ばかりではありません。
時には、心にあめが降るときもあります。
「落ち込んだとき」
「自分が小さく見えるとき」
「周りから非難されたとき」とか…

「つい食べ過ぎちゃった」
「トレーニングをサボってしまった」
なども心が小さくなりがちです。

心が小さくなると
「こんなボクなんかどうせシェイプアップできない」
と思いがちです。

これが一番のクセモノです。

「ボクなんか」と言う言葉は、
自分の器を自ら小さくしてしまうようなものです。

だから絶対
この「ボクなんか」と言う言葉は使わないようにしてくださいね!

心にも晴れの日もあれば晴れの日もあります。
そういうものなんです。

あめの日には傘を差してあめをよけるように、
自分の心にも傘をかけてあげましょう!

そんなときには、多少シェイプアップをお休みしてもいいと思います。
気にせず、悔やまず、責めない…
そんな風にして、心に光が射してきたら再び歩みだせばいいのです。

それまではじっとして、心に栄養を与えてあげましょう。
晴れ間が見えてきたら再びやるべきことを淡々と続けていきましょう。

多少立ち止まっても、回り道しても、戻っても…
再び元の道に戻って淡々と続ければ、
シェイプアップは必ず成功します。



レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシックを受けることの出来ない目の状況

★メニュー

レーシックを受けることの出来ない目の状況
レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
気になるレーシック手術の使用器具
あの松坂選手もレーシックを受けました
目に疾患がある時のレーシック
レーシックは妊娠中は避けるべき
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックとドライアイとの関係
適性はレーシックの種類によって変わる
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)レーシック手術を賢く選択する方法