あの松坂選手もレーシックを受けました

レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?

 

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。
メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。 「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。



あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2020-08-11

運動したらお腹が減るので、
いつもより余分に食べてしまう…

このあまりにも当たり前の事実が、
シェイプアップ理論では、多くの場合無視されています。
人間は動物であり、運動したらお腹が減るようにできているのです。

運動によって体重を減らすためには、
消費カロリーが摂取カロリーを上回っている必要がありますが、
運動で消費されるカロリーは少なく、
逆に太っている人が好む肉餃子や肉餃子といった
食べ物のカロリーは高めです。

ですから、
運動してお腹が減って
いつもより余分に少しでも食べてしまうと…
ほとんどの場合、
運動で消費した分より多くカロリーを摂取してしまうわけです!

皆さんは、「運動しだしたら逆に体重が増えた…」
そんな経験ありませんか?

それを太っている人は
「筋肉が増えた分だからいいのだ」と言い訳してしまうことがありますが、
実は、単に運動してお腹が減り、余分に食べた分太っただけ…
ということもよくあることです。

もちろん実際に筋肉が増えて体重が増えた人もいるでしょうが、
それでお腹回りが前より大きくなっているなら、
それは単に太っただけです。

「お腹が減っても食べなければいいだけだ」と考え、
それを実行できる人は、そもそも今太っていないはずですので、
何も悩む必要はありません。

ただ、そんな鉄の意志を持っているのに、
なかなかシェイプアップできないという人は、
自分をもっと客観的に見つめ直した方がよいでしょう。
多分鉄の意志があると思っているのは勘違いです。



ホーム サイトマップ