レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

 

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2021-02-24

お子様の脳は
運動やお喋りや睡眠によって、
脳のシナプスを増やすことができるが、
それは常にある一定の限界を伴いながらでしか
脳のシナプスを増やせない。

例えばお子様に早期教育を施した場合、
確かにお子様の知能を高くすることはできるが、
早期教育を受けたお子様たちの中から
天才など1人も出て来ていない。

理由は早すぎる教育が
逆にお子様の脳に負担をかけてしまう…ということも考えられるが、
それと同時に早期教育では、笑いを完全に無視しているからだ。

お子様を笑わせないからこそ、
お子様は脳の限界を突破できないのである。

お子様は笑うと脳が快になり、
脳の限界が突破されるという作用が働く。

解りやすい例を挙げれば、
赤ちゃんは言葉をきちんと喋れる前に笑い出すし、
笑う回数の多い赤ちゃんほど
言葉をちゃんと喋れる日が早くなるのである。

笑うことで脳の限界を突破しているので、
笑えば笑うほど、脳の限界が次々に突破されていって、
お喋りと言う高い知能を要する行為ができるようになる。

なので
育児をしているなら、
母はとにかくお子様を笑わした方がいいのだ。

お子様の笑いの壺はどこにあるか解らないので、
とにかく子供と何度も会話して
笑いの壺を探り当ててしまおう!

お子様の笑いは低レベルなものなので、
その低レベルな笑いでどんどん笑わせていけばいい。

お子様は「ウンコネタ」が大好きなので、
この手のウンコネタを豊富に持っておくことをお勧めする。

男の子の場合は、
このお下劣な笑いを更にお下劣にしてくるので、
「そんな下品なことを言わないの!」とかいって否定するのではなく、
お子様のお下劣な笑いに付き合って、
お子様を笑わしてしまうことが大切なのだ。


ホーム サイトマップ