自分に見合ったレーシックの種類を把握

まず最初はどのような種類のレーシックが存在するのか、またその内容から自分に最も適している方法を探しましょう。
手術を受けることとなるクリニックの選択にもこれは大きく関わってくる問題となりますので、しっかりと事前確認をしましょう。

 

RPKの治療法というのは、角膜の厚みが足りていない人に適用されるレーシックとなります。
症状に合わせて理想となる治療方法を探していきますと、あなたに最も適したレーシックを見つけることが出来ます。
一般的なレーシックのフラップにおきましては衝撃に堪えれなくて外れてしまう可能性もあります。
そんな場合にはフラップを作成することなく、角膜の上皮のみを取り除いてレーザーを照射する手術であるRPKという治療法が適しています。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。



自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:2020-08-18

シェイプアップと言えば、基礎代謝がポイント。

基礎代謝がアップすれば、
痩せやすい体質を作ることができます。
基礎代謝をアップさせるには、筋肉を増やすことが大切です。

筋肉を増やせば基礎代謝量が増え、
脂肪の燃焼率も良くなり、
シェイプアップ効果をよりアップすることができます。
そのためには、やはり適度な体操は欠かせません。

筋肉には、
「赤筋」と呼ばれる褐色脂肪細胞と
「白筋」と呼ばれる白色脂肪細胞があります。
シェイプアップには、赤筋を増やす体操が必要です。

ジョギングやエアロビクスなどの
ゆっくりとした動きを一般的に有酸素体操と呼んでいますが、
赤筋を増やすにはこうした有酸素体操が大切です。
そこでおススメなのがストレッチなんです。

ストレッチなら、いつでもどこでも、
無理なく自分のペースに合わせて行うことができます。

もちろん、通勤途中で駅の階段を上り下りしたり、
いつもの家事に床磨きをプラスしたり…
ストレッチでなくても、
大切なことは体質をこまめに動かすということです。

シェイプアップは続けなければ意味がないように、
ストレッチも継続してこそ筋肉もつき、基礎代謝もアップしていきます。

ストレッチは、どれも2〜3分あればできるものばかり。

でも、最初からアレもコレもと欲張りすぎれば長続きしないもの。
最初は物足りないかな?と思うくらいで十分です。

いくつかあるストレッチを連日順番に行ったり、
一週間毎に交替して、休みの日にはフルコースでやってみたり、
8時起きた時に2〜3種類、19時寝る前に2〜3種類というように
小分けにすればより効果的ですよ!

明日はいい日かな〜

ホーム サイトマップ